• ibc225

これからの英語教育-新学習指導要領から

実践的な英語力を身につけるために、英語教育の早期化、授業時間数の増加と指導内容の刷新が必要であると新学習指導要領に記載されています。


今まで日本では、中学校、高校を中心に英語教育には取り組んできました。しかし残念ながら国内外でコミュニケーションを図れるほどの英語力が身についているとはいえません。

たとえば2019年のTOEFLの平均値を見ると、日本はアジアの中で下から3番目です。

タイは1996年、韓国は1997年、中国は2001年に英語教育を重点目標とし今や国家戦略となっているのです。

最新記事

すべて表示

年間の費用が明確になっているかどうかでわると思います。年間でいくらかかるかを明示せず、後から追加で次から次へと請求するようではいい塾とは言えません。またよくありますが春期講習や夏期講習を強制的に高額でうけさせるのも良くありません。 また費用のことで言いますが、大手塾のように授業料が高いからいい塾とは限らないことです。大手塾はコンビニエンスストアと同じように本部へロイヤリティを支払いますので その分

塾には色々なタイプがあります。 20人から30人をひとクラスで教える大手塾、10人前後をひとクラスで教える少人数制の個人塾、先生ひとりが生徒1から3人を教える個別指導や家庭教師があります。 ①大手集団塾の特徴 全国規模で運営している大手学習塾は、進路に対する情報量が多く、合格実績が豊富なことがメリットです。逆にデメリットは、教える講師に差があるため、経験の乏しい大学生の講師や、熱意に乏しい講師が教

① 「プログラミング的思考力」を育むこと ② プログラムの働きや良さ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられてい るなどに気付くことができるようにすると共に、コンピュータ等を上手に活用して身近 な問題を解決したり、より良い社会を築いたりしようとする態度を育むこと ③ 各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なもの とする このようにプログラミング的思考力