• ibc225

大手塾と個人塾の違い


塾には色々なタイプがあります。

20人から30人をひとクラスで教える大手塾、10人前後をひとクラスで教える少人数制の個人塾、先生ひとりが生徒1から3人を教える個別指導や家庭教師があります。


①大手集団塾の特徴

 全国規模で運営している大手学習塾は、進路に対する情報量が多く、合格実績が豊富なことがメリットです。逆にデメリットは、教える講師に差があるため、経験の乏しい大学生の講師や、熱意に乏しい講師が教えていたりすることです。時には年度の途中で教える講師が

コロコロと変わることもあります。また1クラス20人以上の所が多く、上位生に合わせた授業になることが多く、ついていけなかったり、人数が多くて質問しずらかったりすることがあります。

②少人数制の個人塾の特徴

 小人数制の個人塾のメリットは、大手塾に比べて1クラスの人数が少なくて、一人一人に目が行き届きやすく、同じ講師が卒業まで見ることで一貫した指導が行えることです。また、個人塾は受験のプロフェショナルが全教科の指導をするため、成果が出やすいです。

デメリットは、卒業するまで基本的には教える講師が変わらないため、その講習と合わないと続けていくのが厳しいことがあります。

③個別指導、家庭教師のメリットは、時間的な都合をつけやすいこと、講習一人に対して生徒が一人または二人と少ないため、その生徒に合わせた授業をしてもらえることです。

デメリットは集団授業に比べて、共に競り合う仲間が少ない事です。周りの仲間と切磋琢磨しながら勉強するのと、一人でやっていくのでは、前者の方が成績の伸びるペースが早いことが多いです。


まとめ

大手集団塾は情報量が多くて実績をつけやすいことけど、講習の質にバラつきがある。

個人塾は質がいいが、先生と合わないときに辛い。

個別指導や家庭教師は、競争意識が育ちにくいのと費用が高いのが心配。

最新記事

すべて表示

年間の費用が明確になっているかどうかでわると思います。年間でいくらかかるかを明示せず、後から追加で次から次へと請求するようではいい塾とは言えません。またよくありますが春期講習や夏期講習を強制的に高額でうけさせるのも良くありません。 また費用のことで言いますが、大手塾のように授業料が高いからいい塾とは限らないことです。大手塾はコンビニエンスストアと同じように本部へロイヤリティを支払いますので その分

① 「プログラミング的思考力」を育むこと ② プログラムの働きや良さ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられてい るなどに気付くことができるようにすると共に、コンピュータ等を上手に活用して身近 な問題を解決したり、より良い社会を築いたりしようとする態度を育むこと ③ 各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なもの とする このようにプログラミング的思考力

学習指導要領改訂の背景 1 情報化やグローバル化と言った社会変化が、人間の予測を超えて進展している 2 進化した人工知能(AI)が様々な判断を行ったり、身近な物の動きがインターネット を通して、社会や生活を大きく変化させると考えられる 「今後10年から20年程度で、半数近くの仕事が自動化される可能性が高い」 マイケル・オズボーン氏(オックスフォード大学准教授) 「今、学校で教えていることは、時代が